昨日、福島県内を訪れました。この地域は、東日本大震災で起きた福島第一原発爆発事故に伴う放射性物質の飛散で土壌などが高濃度に汚染した地帯を行きま した。主要には、放射能雲による汚染が起きた飯館村から、南相馬市の一部を通り、国道6号を南下し、浪江町・双葉町・大熊町・富岡町・ 楢葉町・広野町を 通り、常磐道を通って、南相馬市まで一気に戻りました。

 飯館村では、放射性物質で汚染された土壌や落葉等を袋に集め、それを仮に保管する場所が多数ありました。また、周囲でも随所で収集しています。それらを 搬送するダンプカーが多数居行きかい、道路わきで撮影中に、大きなクラクションを鳴らされ、注意を受けました。高度成長時代を思わせる車の所作があります が、一部動画に入っているかもしれません。

 浪江町以南は高濃度の放射性物質に汚染された地区です。大半(この地区は、ほとんど全部か?)が人の出入りが禁止された場所で、道路や家屋にバリケード が設置され、随所に監視する人がいます。浪江町では、数少ないコンビニが開業しており、大繁盛でした。また、しまむらも1か所開けており、ここも大勢の人 と車両が集まっていました。一面、作業服姿の人です。自分の服装もそれほど違和感が無いことが理解してもらえると思います。スーツは自動車の中に入れてい ます。

 唯一国道6号が通行可能とされていますが、それも自動車で通過することのみが許されています。でも、監視の人はそこにいるわけです。通行許可証が無いと その先には一切入れません。服装だけではごまかせません。そのあたりで、道路わきで自分の車両を止め、周りを見渡し(撮影をしていると)て、パトカーから 早く移動しなさいと注意を受けました。一部動画に入っているかもしれません。浪江町・双葉町・大熊町・富岡町を通ると、随所で高放射線量の場所に遭遇しま す。と言うか、測定場所の全部で高放射線量の数値が出ていました。





  福島第一原発の付近を通りますが、当然、その方向には行かせてもらえません。福島第二原発の方向にも向かいましたが、なにか怪しげで作業車両に紛れること が難しそうです。私はこうした時には、服装を作業服か、ジャンパー類を着ています。その方が、周りになじんでいるためです。

写真は、飯館村の放射性物質で汚染した土壌類の仮保管場所前で撮ったもので、いつもの自撮です。

 楢葉町、広野町に入ると、様相が一変し、人が住んでおり、事業所も動いていることがうかがえます。楢葉町で放射線量を測定すると、0.2μVs/h台の数値になり、一桁以上(20分の1以下に)下がっていることが確認できました。


 そうして、常磐高速道を通り、一気に南相馬市のビジネスホテルに戻りました。

 こうしたホテルや、食堂は活況を呈しています。そのために、私は和室(風呂なし、トイレ無しの部屋)で部屋で洗面も出来ないような部屋しか確保できませんでした。夕食は適当な店が無く、すき屋で食べましたが、そこでも変わったエピソードがありました。