2014.4.05 岡村 真愛 第2回インターンレポート
            町田市議会議員 吉田つとむ 研修生

 
        第34期研修生 岡村 真愛 フェリス女学院大学2年生

≪本日の研修内容と感想≫

 町田市高ヶ坂熊野神社の桜稲荷祭りに吉田議員が司会をなさるということで、そのリハーサルに同行しました。普段では滅多に関わることのない60~70代の方とお話をすることができ、視野が広がりました。また、だんだんと近年なくなりつつある地域の結びつきの高さになにか力強いものを感じました。
 
 吉田議員は何年も前からこのお祭りの司会を有志でされてきたそうです。地域の人と積極的にコミュニケーションをとろうとする姿勢が、人から評価されている理由のひとつなのだろうなと感じました。

 他にも吉田議員は朝晩に、自ら町田駅に立って活動のプリントを配ったり、このようにインターン生を受け入れたりと様々な活動をしていらっしゃいます。どれも私が政治家という職業の想像の範疇を超えたものでした。人から選ばれ続けるということの難しさと、吉田議員が当たり前のようにしている努力の大変さを実感した一日でした。

 *この4月5日の恩田川の桜です。準備の合間のわずかの時間で花見に出かけました。(吉田)

                               フェリス女学院大学2年生 岡村 真愛(第34期研修生)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2014.4.13コメント  記:町田市議会議員 吉田つとむ 

 

 岡村真愛さんは4月からインターンシップが始まると言うことで、3月議会の最中に、議会の様子はどのようなも野かということで、一般質問中に来てもらいました。その日に研修中の渡辺梨菜さんと同席になってもらいました。その際、同じ会派(保守連合)の大西宣也副議長の部屋に訪ね、挨拶しました。

 その後、しばらく経った4月2日が最初のインターンシップでした。この日も、先に渡辺梨菜さんが先行したスケジュール(ブラジル大使館訪問)の後に、途中(日本青年館)で加わる日程でした。2014.4.02 岡村真愛 第1回インターンレポートに記しています。

 この日は、私がその行事に関わる高ヶ坂熊野神社の中にある桜稲荷の桜祭りの準備の日でした。午前中に、その準備を行い、午後は翌日の奉納演芸のリハーサルが行われました。私はこの熊野神社の役員でもなく、氏子でもありませんが、熊野会と言う、この神社のお神輿やお祭りに参加する会のメンバーになっており、その関係で神社行事に参加している次第です。それ以上に、個人としても何かあれば、神社の清掃のようなことにも参加してきます。

 この日も、その次第と同じで、お祭りの準備行事に関わっていました。神社行事の手伝いは20年来のことですが、司会を担当するようになったのは10年ほど前からです。毎年欠かさずに、この日は他に日程を入れないように努めてきました。

 岡村さんが写っている上の写真は、この奉納演芸のプログラムを整理している光景です。こうしたことで、翌日(6日)の行事は天候が悪かったにも拘わらず、無事に終了しました。

                             トップページに戻る   リストに戻る