2014.4.15 岡村 真愛 第3回インターンレポート
            町田市議会議員 吉田つとむ 研修生

 
        第34期研修生 岡村 真愛 フェリス女学院大学2年生

≪本日の研修内容と感想≫

 他の自治体議員さんの方との勉強会に同席しました。この勉強会は5名の議員さんが参加され、吉田議員が自身の今までの活動を講義し、それに対しての質問がなされる形で進められていきました。

 吉田議員の活動についてはひとつひとつかいつまんで聞いたことはあったものの、一連の流れの中から聞くのは初めてだったので私も興味深く聞かせていただいていました。
トップになるまでにたくさんのご苦労があったのは想像に難くはないですが、そのどれもがやはり思った以上のものばかりでした。

 インターンに来るたびに感じることは、やはり本当に政治や地域が好きでなくては続けてこれなかったであろうということです。
 
(町田駅に到着した他の自治体議員の皆さんに、まず、自己紹介を行う、岡村真愛さん)

 ただしこのことは、程度は違えどどの職業にも共通するものがあるのでしょう。選ぶ職種によって頑張り方も頑張る方向性も違うので、自分に合う職をこれから模索していきたいと思いました。
私はまだ将来目指すところは定まっていません。しかし、普段の生活では関わることの少ない政治家という職業をこの勉強会でより深くふれることができ、社会で働くということと向き合うひとつのきっかけとなりました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2014.4.22コメント  記:町田市議会議員 吉田つとむ

 この日は、私が自分自身の政治的な側面の活動を説明し、その内容に関して質問を受け、個別に応えると言うスタイルのものでした。本来は、全般に説明し、後で質問を受ける形式で想定されていましたが、出席者の関心が実践的なものであったために、予定と変更した説明を求められました。一種の勉強会であり、研修のスタイルでもありました。

 岡村真愛さんには、この日の集まりに同席をしてもらいました。この日の参加者を見て、話しぶりを聴けば、政治家がどのようなものかをリアルな感じで理解してもらうことができるだろうと考えた次第です。

 岡村さんがこれからどのような仕事を選択するにしろ、常に「勉強」がついて回る姿を見てもらいました。

                             トップページに戻る   リストに戻る