2017.07.12 吉成 美樹 第9-3回インターンレポート
      
              町田市議会議員 吉田つとむ 第38期研修生

           第38期研修生 吉成 美樹 明治学院大学2年生

≪本日の研修内容と感想≫

 ファッション分野のメディア広報を学びました。吉田つとむ議員に同行し、服飾関係の学校で最も伝統がある「杉野服飾大学」(杉野学園グループ)を訪ね、広報の仕事をされている網野さんにお尋ねしました。 名高い「ドレスメーカー女学院」がその前身ですが、今もそのグループにはドレスメーカー学院(通称ドレメ)があります。そのキャンパス前の通りは、「ドレメ通り」というお洒落な名前で呼ばれています。
 


 これまで、「ドレメ」から大勢のファッションデザイナーなどを送り出していますが、杉野学園出版部発行が発行する「ファッション力(Fashion-Ryoku)」はフリーペーパー形式で、学生が主体でさせ記されており、テーマ作り、編集、そしてモデルも担当するケースがあるものでした。同大学は、学生のファッションショーを大規模に開催しており、そのテーマも「ファッション力」誌がかかわる内容です。キャンパス内を歩く学生の服装が多様で、いかにもニューファッションを作り出す大学だと感じました。これかも、ファッション分野のトップの人材が育っていくでしょう。
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2017.09.28 コメント  記:町田市議会議員 吉田つとむ 

 少し以前のものですが、改めてレポートが出来上がり、アップしたものです。
 今回の吉成美樹さんのインターンシップでは、ファッションにかかわる社長さんとの面談、あるいはファッションビルに入ったブランドの店舗とその商品を見学し、ファッション専門の大学が発行するファッション誌について学びました。

 その一つが、今回のレポートです。私には、なじみの杉野服飾大学です。今年は時間が取れずに行けませんでしたが、ファアションショーが楽しみでした。

                           トップページに戻る   リストに戻る