2018.4.3 宇都木 彩名 インターンレポート24-1回
      
       町田市会議員 吉田つとむ インターンシップ第39期研修生
                 宇都木 彩名 津田塾大学1年生

≪本日の研修内容と感想≫
 
 私たちはお昼から、銀座にある長谷川画廊を訪問しました。長谷川画廊は1976年に創業された貸画廊で、絵画、彫刻、写真や陶芸など、様々な芸術作品を展示しています。長谷川画廊は画廊に関する店が多く入っている長谷川ビルの1階にあります。ビルの名前にもなっている長谷川画廊は、有名かつ歴史のあるものだということがわかります。

 長谷川画廊で展示されている作品には共通したテーマというものはないそうです。作品は、抽象的なものや和紙を使用したものなど様々でした。作者それぞれの個性的な作品は、独自の世界を表しておりとても楽しく鑑賞することが出来ました。テーマというものはありませんが、春を題材とした作品が多かったように見受けられます。
 

 訪問先でお話を聞いたところ、展示会を開催する前夜には作者さん達が長谷川画廊のお部屋でパーティーを行うそうです。このパーティーには、私たち一般人も参加できます。作品を作るものと、作品を鑑賞するものが和気愛愛と語る場にもなっている長谷川画廊は たくさんの想いが詰まった場所なのだと実感しました。


 私たちが観に行ったのは第91回目の創門社展です。こちらは4月2日~4月7日まで行っています。魅力的な作品が展示されているので、是非訪問してみてください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2018.04.7 コメント  記:町田市議会議員 吉田つとむ

 宇都木彩名さんは、私に同行して、銀座の画廊に出向きました。地名から、それだけでおしゃれと感じました。実際には、友人からの案内をいただいたもので、その画廊に行ってみたい心境にかられたものでした。かと言って、自分に画才は全くありません。

 宇都木さんが、この展覧会期間の案内をしてくれていますが、私のコメントをつけてアップしたのが、4月7日になってしまいました。



 公立美術館には何度も訪れていますが、私設の画廊に行く機会が少なく、今回の選択になったものです。

            トップページに戻る インターンページに戻る  リストに戻る