2018.9.22 宇都木 彩名 インターンレポート30回
      
       町田市会議員 吉田つとむ インターンシップ第39期研修生
                 宇都木 彩名 津田塾大学1年生

≪本日の研修内容と感想≫
  
  本日は町田市民ホールでクトロヴァッツコンサートが開催されました。開演は3時からでしたが研修生や実行委員会などは当日準備のため、10時半に集合しました。当日準備は主に会場の机等の準備や市民ホールへの書類提出などを行います。私は当日券販売、お取り寄せをしたチケットの受付係を担当しました。当日券販売は11時から行っていましたが、実際多くのお客様は開演30分前に来場しました。そのため開演30分前に一気に忙しくなり、対応に追われました。このような仕事はお客様への丁寧な対応も大事ですが、スピードも大切です。周りを見ながら手際良く仕事をこなすことは難しいことなのだと、今回の経験を通して実感しました。

  本日、主役であるクトロヴァッツ兄弟とはお昼頃に対面しました。彼らからは圧倒されるオーラを感じ、偉大なアーティストは雰囲気も異なっているのだなと思いました。握手をさせていただいたときの彼らの手は大きく、とても立派なものでした。この立派な手で、数時間後には素敵な音色を奏でるということを想像すると、ドキドキが止まりませんでした。本番では、私は客席側から彼らの演奏を聞くことができました。二台のピアノから流れる音が心地良いハーモニーで、クトロヴァッツ兄弟のピアノの世界観に引き込まれました。またとてもテンポが早い箇所も リズム良くしっかり一つ一つの音が聞こえ、感動しました。デュオは初めて聞きましたが、こんなにも調和する演奏が心に影響を与えるとは驚きでした。

 私はプログラムの演奏が終了したあとに、クトロヴァッツ兄弟へ花束贈呈を行う係を担当しました。花束贈呈係は私を含め2人です。私は兄であるヨハネスさんに花束を渡す役でした。お客様の視線が集まる中、舞台の壇上に行くのは緊張しました。しかしまっすぐと前を向いて歩き進むことを意識したおかげか、ヨハネスさんの目を見て花束を渡すことができました。笑顔で顔を上げ、花束贈呈をすることができたので、終わったあと達成感がありました。

 一年以上を費やし準備してきたクトロヴァッツコンサートが無事終了し、安心感と共に少し寂しい気持ちもあります。吉田さんのインターンは約1年と5ヶ月、活動してきました。そのインターン活動の中でも今回のコンサートというのは一番大きな行事でした。このコンサートを始めから終わりまで見届けることができ、本当に良かったと心から実感しています。また大切な役割を与えてくださった吉田さんに感謝しています。ありがとうございます。今日一日は私にとって、とても濃い思い出となりました。この経験を自分を成長させる糧にしていきたいと思います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2018.09.24 コメント  記:町田市議会議員 吉田つとむ

 宇都木さんのインターンシップは、昨年の5月からスタートしましたので、1年半を迎えようとしています。これまでに参加したインターン生の中では最長の部類に入ります。その集大成としてかかわるのが、このクトロヴァッツコンサート町田公演のイベントです。

 まず、2017年の夏にはクトロヴァッツ兄弟の2018年の来日日程を確認し、1年前の同じ月の市民ホール会場予約の抽選会に出席する必要がありました。実行委員のメンバーの方にそれを託しました。宇都木さんとは日本青年館を訪れ打ち合わせにも立ちあいました。
 
 それから、何度も実行委員会を開き、その全ての会合で宇都木さんは司会を担当しました。「失敗しても構わない」が吉田つとむインターンシップの特徴です。

 実行委員長の私や関係者が一切舞台には登場しないのがこのコンサートの特徴です。ただ、ラストの場面で花束を演奏者に持って出る役目がありますが、その一人に宇都木彩名さんは決まっていました。決めていました。

 これからの宇都木さんに願うのは、「人前では、もっと大きな声を話す」
ことです。でも、シャイなところが宇都木さんの特徴であり、良さかもしれません。でも、仕事をやる世代になったら、そうもいかないことを知っていてください。決める時にはピシッと決める能力を備えておく必要があります。これからの成長を期待しています。

            トップページに戻る インターンページに戻る  リストに戻る