2019.02.17 秋山 新聖 インターンレポート1-2回
      
       町田市会議員 吉田つとむ インターンシップ第43期研修生
                 秋山 真聖 玉川大学新3年生

≪本日の研修内容と感想≫

 インターン初日の午後は町田茶道会の月例茶会に参加しました。私はお茶席に行ったことがなかったので楽しみにしていました。その反面、普段縁遠い礼儀作法があると聞いていたので不安もいっぱいでした。何か粗相があったらどうしよう、と色々考えて萎縮していました。しかし茶道会の方は皆さま気さくに話しかけてくださり、だいぶ気が楽になりました。色々な作法はあるものの、全て理にかなっている動作である事がわかりました。

 

 茶器を清めるために拭く動作、お客様にお茶碗の正面を向けて敬意を払う事、正面を使わず茶碗をずらす事など。お客様をもてなすために花を生け、掛け軸を飾って茶室をしつらえ、道具に気を配り、美味しいお菓子を用意して食べていただき、タイミングよくお茶を点ててお出しする。まさに総合芸術の域であり世界に誇れる日本の文化であると感じました。70年も茶道をやってらっしゃるというベテランの方もいて趣味を持って生き生きと活動されている素晴らしい方が沢山いらっしゃるのだな、と感服しました。様々な礼儀作法を教えていただき、有意義な時間を過ごす事ができました。

 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2019.02.19 コメント  記:町田市議会議員 吉田つとむ

 二人のインターン生が町田茶道会月例茶会の日にそろいましたので、同行してもらいました。幸い、経験が無い、少ないということで、和室と立席と双方の場に出席させていただきました。
 この世界では男性であるが故に、双方の部屋で上座ともいえる正客の席に座るように言われて、3倍疲れていました。ただし、インターン生を同行しており、そうした場を見せてどのような対応が必要かの勉強になったと思っています。

            トップページに戻る インターンページに戻る  リストに戻る