2019.02.17 秋山 新聖 インターンレポート1回
      
       町田市会議員 吉田つとむ インターンシップ第43期研修生
                 秋山 真聖 玉川大学新3年生

≪本日の研修内容と感想≫

 町田市立小川小学校において南地区協議会主催で行われた焼き芋大会に参加しました。イベントは参加自由で、事前申し込みも不要でした。前回も盛況だったそうです。
 

 私たちは朝の8:50に集合して、下準備をしました。子どもたちが来る10時までに、さつまいもを新聞紙に包み、水で濡らして、それをさらにアルミホイルに包んだりなど、様々な準備をしました。お手伝いの方とおしゃべりしながら和気あいあいと作業し、子どもたちの到着を待つばかりでした。子どもたちがやって来て、ドラム缶の窯に火を入れさつまいもを焼いていました。
 

 家庭用の小さなガス火とは違い大きな炎が上がり、子どもたちの歓声も上がります。炎の強さにさつまいもが黒こげになってしまうのではないかと心配になる程でした。しかしスタッフの方は流石に手慣れた様子でいい感じに焼き上がり50kgのさつまいもは、あっという間に、親子連れのおなかに入り、子どもたちの笑顔あふれる中、終了となりました。キャンプにでも行かないと直火にふれる機会などほとんどない子どもたちにとって、楽しい時間となった事でしょう。またぜひ参加したいと思いました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2019.02.18 コメント  記:町田市議会議員 吉田つとむ
 
 
秋山さんのインターンシップが始まりました。いきなり、野外の日程でした。寒波が予想されましたが、途中からは日がさす陽気に変わりました。そのため、防寒のファッションに身を包んでいます。
 会場では、私は青少年健全育成委員会のメンバーとして、インターン生もその中に入りました。見ると、水を張ったポリバケツの前に位置して、新聞紙に包んだサツマイモをそれに浸しこみをする役目をしていました。いきなり、冷たい水を扱う作業役をやらせてしまいました。

            トップページに戻る インターンページに戻る  リストに戻る