2019.03.23 秋山 新聖 インターンレポート7回
      
       町田市会議員 吉田つとむ インターンシップ第43期研修生
                 秋山 真聖 玉川大学新3年生

≪本日の研修内容と感想≫

 3月23日、光の森保育園の卒園式に出席させていただきました。設立から、まだ日が浅いのでとても綺麗な園舎が目を引きます。会場には卒園を迎える園児たち、在園児、保護者の方々が晴れの舞台を待っています。壁には夢を描いたポスターが貼られ、色とりどりの飾り付けも華やかに門出を祝っているようです。この園舎を巣立つ子どもたちは16人。卒園証書を受け取る時に、それぞれ将来の夢を発表します。大勢の保護者の方々や先生方が見守る中、一人で大きな声で発表するのは、とても勇気が必要な事だと思います。在園児たちは、一緒に遊んだり、面倒を見てもらった卒園児たちの立派な姿を真剣な面持ちでお行儀良く見ています。保護者の中には、最初から涙目の方もいらっしゃって、私ももらい泣きしそうでした。光の森保育園での、様々な経験を持って小学校へと旅立っていく子どもたち。皆が期待と不安で、新しい環境に飛び込みます。小学校の教員を目指している者として、子どもたちは勿論、保護者の方々にも安心していただける教育現場を作りあげる気概を持ち続けたいと強く感じました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2019.03.27 コメント  記:町田市議会議員 吉田つとむ
 
 この日は、毎年訪れている、「光の森保育園」の卒園式に参列させていただきましたが、インターン生の秋山さんも後方で見学させていただきました。
 本人の将来の目標にそって、このプログラムも取り入れたものです。
 先日の「光の原保育園」で卒園児が話してくれた、自分がなりたいものとはずいぶん異なっていました。
 女子ではパテシエは「ケーキ屋」さんになっていました。美容師もありました。男子のスポーツでサッカー、野球はまったく出てこなかったことも印象的でした。話を女子に戻して、スポーツでは卓球とボルダリングが出てきたことが新鮮でした。


 

            トップページに戻る インターンページに戻る  リストに戻る