町田市議会議員 政策・主張・理念・スタンス
吉田つとむのホームページ
情報公開のエキスパート、インターネットを武器とする!      
吉田つとむ
トップページ 主張と取り組み 情報開示&Net blog・BBS・アンケート
一般 HP構成・リンク プロフィール
主張と取り組み(吉田つとむのスタンスと行動)  (ご支援のお願いはここをクリック)
 下記の項目をクリックして選択してください。個別の項目に進みます。
挑戦する行動 基本理念と
スタンス
政策
マニュフェスト
取り組み 議会と議員の
ありかた
選挙資料 主催行事&
参加行事
 基本にあるのは、「納税者主権の政治」です。政党には属さず、市議会では「保守連合」に参画

<今後の目標設定> 2014年の改選前に公約として発表したものです。
 当選して、現在6期目を務めています。

@交通文化都市づくり=町田の現実化。リニア中央新幹線開通(2027年)新駅設置に町田市も参加し、飛躍の時代を迎える。
A町田市を中核市に移行推進=「格式」を持つ自立都市をめざす。

 関係資料
 パンフレット 選挙公報・葉書

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 <これまでの主張で掲げた目標> 2010年の改選前に発表したものです。これで市議5期目となりました。
 重点政策として@交通文化充実都市=町田の確立 Aジェネリック医薬品普及を推進し市民の医療費負担軽減を目指す B議員定数・報酬の削減と行政のスリム化による市民税減税 C条例の個性化により近隣都市に負けない価値ある町田の創設を提唱し、その実現に取り組んでいく。

  <夢ある町田、健康と文化の町田>
  PDF 夢ある町田、健康と文化の町田 * リーフレット形式になっています。

 <これまでに到達した現状> 
市議5期目に果たした内容です。
 私がかかげた重点政策への取り組みは、@交通問題の解決に一定の成果。A健康と文化分野で、医療費負担減少の為のジェネリック医薬品の導入を大きく推進。また、福島原発事故による放射能汚染問題では空中放射線量の定期測定や学校給食の放射性物質の測定公表で全体をリード。B議員定数削減は実現せず、報酬削減は日割り実施と期末手当削減を決定し、やや前進するが行政への波及は未了の状況。C価値ある町田への道は今後の課題は今後一層の取り組みの強化を図りたいと考えています。

 以下、市議4期目を辞し、都議選に2度挑戦しました。結果は落選でした。
 * 都政挑戦中の考えについて(別記)


                             HPに戻る